漫画のお蔭で、前田慶次郎利益のことや「傾奇者」という言葉は
かなり一般にも知られています。

しかし、「傾奇者」の源流となった「婆娑羅者」のことは
まだまだ知られていないようです。

今回は「婆娑羅者」の代表格、佐々木道誉について触れたいと思います。

佐々木道誉は近江京極氏に生まれました。
堂々たる名門の出身です。
その血筋を以って京都で検非違使となります。

時は鎌倉幕府の末期。
後醍醐天皇が正に討幕を為そうかという時期。
それが発覚した後醍醐天皇は隠岐に流されますが、これを警護していたのが道誉でした。

道誉は力を失った鎌倉幕府に見切りをつけ、
後醍醐天皇と共に討幕戦争に身を投じることになります。

ついに討幕が為り、建武の新政が始まりますが、
現実を無視した王政復古の政策に反乱が頻発。
後醍醐天皇を見限り、足利尊氏に従い武士の新政権を目指すことになります。

ここに至り、既存の身分制度の馬鹿らしさに気付いたのでしょう。
室町幕府成立の立役者となり、権力を握った後でもその権力を守ろうともせず、
身分に拘らない行動を取っていきます。

ある日、妙法院という寺院の紅葉が美しかったので、一枝所望しようと使用人を伺わせます。
ところが、妙法院ではその使用人を打擲し追い出してしまいます。

激怒した道誉は妙法院を焼き討ち。
しかし、ここの門主は時の天皇の弟。比叡山とも関係が深い。
道誉でも許されないほどの止ん事無きお方。

流罪となってしまいますが、流刑地に行く道中、
派手な格好で道を行き、比叡山の神獣の猿の腰当てを付け
宿場ごとにどんちゃん騒ぎを繰り広げながら進みます。

悪いこととは一つも思っていないと見せつけながら。

主君の足利尊氏だって、後醍醐天皇を追い出した人ですからね。
天皇の権威なんて、屁でもないと思っていたのでしょう。
すぐ、幕政に復帰します。

その後、南北朝の争乱で南朝方が京都に攻め込んだことがありました。
衆寡敵せず、京から逃げることになった道誉に、
敵に屋敷を奪われぬよう、焼いてしまうことを進言する部下がいました。

それに対し道誉は
「私の屋敷には、名のある大将が入るだろう。」と言い放ち
一流の文物で飾り立て、酒甕を用意し
「ここに来た者には誰であれ一献勧めよ」
と饗応の準備をしてから、屋敷を去って行きました。

その道誉の屋敷に入ったのは、
楠木正成の子で一休さんの母方の祖父とも言われる楠木正儀。

道誉の風流ぶりに感心し、京での略奪を禁じ、
京を去る時には、饗応の御礼とばかり、鎧と太刀を置いていったそうです。

個人的なイメージとしては、
松永久秀と前田利益を足したような感じかな、と思っています。
エピソードに彼らよりも大物感があるんですよね。

この人も誰かが漫画に書いたら、人気出るんじゃないのかなぁ
と思うんですけども。