第2回AI・人工知能EXPOに行ってきました。

AI・IoTを駆使して産業の効率化を図るためのツールが多数出てくる展示会も2回目です。

今回は、チャットボットが多い印象でした。

私の興味としては、AI・IoTでのスマート化に対するセキュリティ対策の動向です。

今までネットワーク化されておらず、OS等のアップデートもされていない制御システムが、攻撃を受けたらどういうことになるか。

スマート化はとてもメリットが多いですが、当然にデメリットも発生します。安全性の確保は重要な条件なのですが、前回はそれに関するブースが全くありませんでした。

今回は2か所ありました。

一つはスマート化した内部の動きを振る舞い検知して、外にデータを出さないもの。

もう一つはルーティングのアクセスリストで制御するものです。

後者は社内に人材がいないと難しそうですが、それでもやっとスマート化のリスク面も認識が始まったようです。

ブームに乗ってリスクを深く考えず導入してしまうと、取り返しのつかないことになりかねません。

しっかりと検討いただきたいと思います。